夕陽に溶ける

日暮れの桜、光の中で

暮れゆく日差しに溶けそうになりながら、それでも凜として春を告げる。