読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎える

mono_0002

 

此処を通る列車は必ず彼らの助けを乞わねばならない。
峠を越えて吹きつける風華混じりの空っ風の中、彼はゆっくりとやってくる。

 

1995年頃、冬の横川駅にて